ここから本文です

国保加入者が受けられる給付

TOP > くらしの情報 > 保険・手当 > 国民健康保険 > 国保加入者が受けられる給付

受けられる医療

 

医療費の自己負担は?

お医者さんにかかったときの自己負担割合は年齢によって異なります。

小学校入学前まで 2割
小学校入学後から70歳未満 3割
70歳以上75歳未満 1割又は2割(現役並み所得者は3割)

※昭和19年4月2日以降生まれの方から、2割に変更されました。

 

国保と交通事故

交通事故や傷害事件など、第三者(加入者)から受けた傷病による治療費は、原則として、加入者が負担すべきものですが、その弁償が遅れたりする場合には、国保で一時的に治療を立て替え保険給付できます。この場合、次の条件や手続があります。

届出により、国保で治療を受けるようになりますと、国保から病院へ治療費の保険給付費分を支払うことになります。これについては、後日、被害者に代わって、国保が加害者へ請求することになります。

Copyrightc village of shingo All rights reserved.
このページの上部に戻る