ここから本文です

八戸連携中枢都市圏による「ふるさと名物応援宣言」

TOP > 役場の情報 > その他 > 八戸圏域定住自立圏 > 八戸連携中枢都市圏による「ふるさと名物応援宣言」

ふるさと名物応援宣言

新郷村は、八戸連携中枢都市圏として「ふるさと名物応援宣言」を行いました。

ふるさと名物応援宣言の制度概要

『ふるさと名物応援宣言』は地域産業資源あるいはこれを活用した商品等のブランド化により、当該地域産業資源を核とした地域産業の付加価値を高め、地域経済の自立的な好循環をもたらすことを目的とした、中小企業地域資源活用促進法に基づく経済産業省の施策です。今回八戸圏域連携中枢都市圏の8市町村により、県が指定した地域産業資源の中からふるさと名物を特定し、宣言いたします。

この宣言により、地域の中小企業がふるさと名物を活用した商品開発等に取り組むときに、国の支援を優先的に受けることが可能になります。

制度の詳細は、中小企業庁のホームページをご覧ください。

ふるさと名物の内容

新郷村は、八戸圏域連携中枢都市圏として、「パワー全開!にんにく・黒にんにくを活かした加工品群」をふるさと名物として応援・宣言」します。

応援宣言の詳細はこちら ふるさと名物応援宣言(PDF)

宣言のポイント

今回の宣言は、圏域8市町村が共同で宣言するもので、国内で最も多くの自治体が連携した事例となります。また、連携中枢都市圏の単位での宣言は国内初となります。

ふるさと名物

Copyrightc village of shingo All rights reserved.
このページの上部に戻る